給付金の内容と金額

予防接種B型肝炎で給付金を受給する場合は、どのような内容で給付金を獲得できるのかが気になるはずです。事実、知識がない方にとっては、それらの点も「よくわからない」と思っている方が多いです。そもそもB型肝炎の給付金とはどのようなものなのかと言えば、自発的ではなく他のことが原因で感染してしまった場合に受給できるというのが前提となっています。そのため、一次感染者に関しては昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までに生まれているということが条件だったり、集団予防接種やツベルクリン反応検査を受けていることが条件だったりします。その他、二次感染者や三次感染者、相続人に関しても細かく内容が設定されているので、そこは事前に確認しておくようにしましょう。

また、気になる給付金の金額ですが、それぞれの症状によって異なります。死亡や肝がん、肝硬変になっている場合は最低900万円~最高3,600万円まで受給することが可能です。そこにも発症後20年経過しているかどうかという判断基準も含まれます。その他、軽度の肝硬変の場合や慢性肝炎の場合、無症候性キャリアの場合などによって受給できる金額も違ってきます。その中で、さらに細かな条件が決められているので、その点も専門家などに相談しながら調べていくことが必要となるでしょう。まずは専門家への相談をおすすめします。