給付金の受給資格

お母さんのお腹B型肝炎の給付金に関しては、受給資格というのが定められています。自身の責任がある場合は別で、何かしらの原因によってB型肝炎になってしまった場合は、受給資格をクリアできるようになっているのです。例えば、B型肝炎の給付金に関しては、一次感染者と二次感染者、三次感染者、そして相続人が受給資格を持っていると考えているのです。一次感染者というのは、B型肝炎ウイルスに持続感染していて、集団予防接種などの注射器で感染した方などが対象となります。二次感染者というのは、一次感染者である両親などから感染した方と定められています。三次感染者は二次感染者である両親から感染してしまった方となるのです。最後に、相続人としてB型肝炎が原因で親族を亡くしてしまった方などが対象となります。ただ、それぞれの感染者ごとに細かく条件なども設定されているので、そちらも確認が必要となります。

それぞれ受給資格が異なるのですが、範囲は意外にも広いので、B型肝炎の給付金対象者になることが多いです。「自分もそうかも」と思った場合は、専門家への相談をおすすめします。特に弁護士などは近年、B型肝炎に特化したサポートをおこなっているところもあるので、そちらに相談してみるのも良いでしょう。B型肝炎の給付金は自己申告で対応するのは難しいことも多いため、専門的な知識を持つ人に相談するのが好ましいです。